일본 육사졸업생 명단 일부 역사속으로



出身者等
[編集] 陸軍兵学寮
• 明治3年12月入学、明治5年6月卒業、明治6年年5月任少尉
• 大将:安東貞美
• 明治6年12月入学、明治7年10月少尉試補、明治8年1月任少尉
• 大尉:磯林真三(殉職)
• 明治7年2月入学、明治7年10月少尉試補、明治8年1月任少尉
• 大将:中村覚
• 明治7年3月入学、明治9年少尉試補、明治8年3月任工兵少尉
• 大将:鮫島重雄
• 明治7年10月入学、明治9年3月少尉試補、明治10年5月任少尉
• 大将:一戸兵衛
[編集] 士官生徒
※士官生徒は少尉任官は一律に行われるが、卒業は兵科毎に差がある。
• 旧1期(明治8年2月入校、1877年12月22日任官、117名)
• 中将:木越安綱(陸相)・石本新六(陸相)・山根武亮・小泉正保
• 少将:石田保謙・河井瓢・栗田幹・多田保房・福原信蔵
• 大尉:鈴木知康・酒匂景信
• 少尉:児島滋胤
• 旧2期(明治12年2月1日任官、136名)
• 大将:大迫尚道・井口省吾・大谷喜久蔵
• 中将:石井隼太・伊地知幸介・仙波太郎・田村怡与造・豊島陽蔵・長岡外史・村木雅美
• 少将:加藤泰久・鷹司煕通・田内三吉・中村無一・原義成
• 少佐:榊原宰之助・山田一男・渡辺述(戦病死)
• 旧3期(1877年入校、明治12年(1879年)12月22日任官、96名)
• 元帥:上原勇作(陸相)
• 大将:内山小二郎・秋山好古・柴五郎・本郷房太郎
• 中将:石橋健蔵・楠瀬幸彦(陸相)・藤井茂太・青木宣純・落合豊三郎・大久保徳明・榊原昇造
• 少将:太田正徳・佐藤忠義・鶴見数馬・東郷八郎左衛門・八木下純・山口圭蔵
• 大佐:関谷銘二郎(戦死)
• 中佐:塚本芳郎(戦死)
• 少佐:林秀芳
• 大尉:酒井次郎
• 旧4期(明治14年(1881年)12月24日任官、58名)
• 中将:大沢界雄・岡市之助(陸相)・大島健一・萩野末吉・林太一郎・山口勝
• 少将:井口五郎・石川潔太・今沢義雄・奥村元佶・加藤政義・佐野勝二郎・横田宗太郎
• 大佐:清水金生・吉田貞(戦死)
• 少佐:木村伊助(戦死)・根津一
• 大尉:永見松太郎
• 旧5期(明治15年(1882年)12月25日任官、60名)
• 大将:松川敏胤・由比光衛
• 中将:阿部貞次郎・小原伝・久能司・中村愛三・星野金吾・本多道純
• 少将:江藤鋪・黒沢源三郎・児島八二郎・恒吉忠道・吉岡竹次郎
• 大佐:鵜沢総司(戦死)・江本精夫・小沢季治・下山筆八
• 大尉:荒尾精
• 旧6期(明治16年(1883年)12月25日任官、59名)
• 大将:仁田原重行・明石元二郎・大井成元・立花小一郎
• 中将:足立愛蔵・蠣崎富三郎・重見熊雄・野口坤之・林太郎
• 少将:相浦多三郎・河野政二郎・杉浦藤三郎・橋口勇馬・橋本三郎・山本延身・依田昌兮
• 中佐:須知源次郎(戦死)・花田仲之助
• 旧7期(明治18年(1885年)6月18日任官、61名)
• 大将:島川文八郎・宇都宮太郎
• 中将:井上仁郎・河内礼蔵・柴勝三郎・竹下平作・村岡恒利
• 大佐:酒井甲子郎(戦死)
• 中佐:神田正富
• 旧8期(明治19年(1886年)6月25日任官、144名)
• 大将:大庭二郎・河合操・田中義一(陸相)・山梨半造(陸相)
• 中将:高橋義章・永沼秀文・成田正峰・橋本勝太郎
• 少将:伊豆凡夫・公平忠吉・野中勝明
• 大佐:藤室松次郎
• 中佐:鯉登行文(戦死)
• 旧9期(明治20年(1887年)7月21日任官、189名)
• 大将:福田雅太郎・町田経宇・田中弘太郎
• 中将:浄法寺五郎・白井二郎・武内徹
• 少将:佐藤祐次
• 大佐:清水三男・岩倉久米雄
• 中佐:橘周太(戦死)・那須仙太郎(戦死)
• 少佐:清水盛次・鷹森赳夫
• 中尉:青木織之助(戦死)
• 旧10期(明治21年(1888年)7月28日任官、158名)
• 大将:尾野実信
• 中将:高島友武・田村沖之甫・松井庫之助・山田隆一・渡辺岩之助
• 少将:加瀬倭武・吉野文四郎
• 少佐:平岡八郎(戦死)
• 旧11期(明治22年(1889年)7月26日任官、207名)
• 大将:菊池慎之助・奈良武次
• 中将:西川虎次郎・高山公通・河村正彦・久松定謨・斎藤季治郎
• 少将:土井市之進・長尾駿郎
• 大佐:坂田虎之助・片倉小太郎・日野強
• 中佐:高嶋嘉蔵・晴気市三
• 少佐:石光真清
• 大尉:時沢右一
[編集] 士官候補生以降
• 1期(明治23年(1890年)7月26日卒業、明治24年(1891年)3月26日任官、147名)
• 大将:鈴木荘六・白川義則(陸相)・宇垣一成(陸相)
• 中将:児島惣次郎・市川堅太郎・中島正武・石光真臣
• 少将:神戸次郎・森邦武・鈴木朝資・永山元彦・中山民三郎
• 中佐:大越兼吉
• 清国留学生:張紹曾・蒋雁行・唐在礼
• 2期(明治24年(1891年)7月20日卒業、明治25年(1892年)3月21日任官、148名)
• 大将:菅野尚一・森岡守成・鈴木孝雄
• 中将:南部麒次郎・吉江石之助・矢野目孫一・稲垣三郎
• 少将:上田兵吉・山根一貫
• 大佐:南正吾
• 少佐:西久保豊一郎
• 大尉:福島泰蔵
• 3期(明治25年(1892年)7月23日卒業、明治26年(1893年)3月13日任官、137名)
• 元帥:武藤信義
• 中将:朝久野勘十郎・大野豊四・大島又彦・三原辰次
• 少将:長谷川猪三郎
• 大佐:赤柴幾太郎
• 少佐:綾部伝一郎
• 清国留学生:劉詢・宮邦鐸・潘矩楹・王永泉・王汝勤・孫宗先・曲同豊・呉光新・張樹元・張懐斌・賈徳耀・傅良佐
• 4期(明治26年(1893年)7月25日卒業、明治27年(1894年)3月7日任官、188名)
• 大将:井上幾太郎・磯村年・田中国重
• 清国留学生:盧金山・何佩瑢
• 5期(明治27年(1894年)7月27日卒業、明治27年(1894年)9月18日任官、213名)
• 大将:金谷範三・菱刈隆・岸本鹿太郎・吉田豊彦
• 中将:村岡長太郎・津野一輔
• 少将:松江豊寿
• 少佐:小野寺益
• 清国留学生:姜登選・陳儀
• 6期(明治28年(1895年)1月1日卒業、明治28年(1895年)5月22日任官、216名)
• 大将:南次郎(陸相)
• 中将:香椎秀一・三井清一郎(主計中将)
• 大佐:松尾伝蔵
• 清国留学生:周蔭人
• 7期(明治29年(1896年)5月27日卒業、明治30年(1897年)1月25日任官、270名)
• 皇族:元帥陸軍大将久邇宮邦彦王・元帥陸軍大将梨本宮守正王
• 大将:畑英太郎・緒方勝一
• 中将:小泉六一・菊池武夫・桑田安三郎・李秉武(韓国留学生)
• 少将:朽木綱貞
• 中佐:板垣義正
• 少佐:桜井文雄
• 大尉:浅野力太郎(戦死)・川喜多大治郎・吉田護郎
• 清国留学生:朱熙
• 8期(明治29年(1896年)11月26日卒業、明治30年(1897年)6月28日任官、292名)
• 李氏朝鮮からの留学生を本格的に受け入れる。
• 大将:渡辺錠太郎・林銑十郎(陸相)
• 中将:金山久松・木下文次・木原清・佐藤 信・柴山重一・永井来
• 少将:岡本春三・島内国彦・鈴木文次郎・中島銑之助・前川譲吉・三輪秀一
• 大佐:植田瞭吉
• 清国留学生:王坦・于珍・楊宇霆・張煥相
• 9期(明治30年(1897年)11月29日卒業、明治31年(1898年)6月27日任官、650名)
• 大将:阿部信行・真崎甚三郎・本庄繁・松井石根・荒木貞夫(陸相)・林仙之
• 中将:坂部十寸穂
• 少将:李煕斗・王瑜植(共に韓国留学生)
• 大尉:小松慶也
• 清国留学生:王金鈺
• 10期(明治31年(1898年)11月25日卒業、明治32年(1899年)6月27日任官、649名)
• 大将:松木直亮・川島義之(陸相)・西義一・植田謙吉
• 中将:上村良助
• 少将:伊藤政之助・倉島富次郎・溝口直亮
• 少佐:日野熊蔵
• 11期(明治32年(1899年)11月21日卒業、明治33年(1900年)6月22日任官、670名)
• 元帥:寺内寿一(陸相)
• 大将:岸本綾夫
• 中将:四王天延孝・安藤紀三郎・多門二郎・荒蒔義勝・魚潭(韓国留学生)
• 少将:蘆川良治・石丸志都磨(満州国軍中将)・金子規・山口十八
• 大佐:西郷従徳
• 12期(明治33年(1900年)11月21日卒業、明治34年(1901年)6月25日任官、655名)
• 元帥:杉山元(陸相)・畑俊六(陸相)
• 大将:小磯国昭
• 中将:二宮治重・香椎浩平・秦真次・柳川平助・郷田兼安・稲垣考照
• 少将:瀧原三郎・古賀徹治・二宮久二・三宅篤夫
• 大佐:梅沢銀造
• 中佐:外山栄
• 大尉:青柳勝敏
• 清国留学生:鄒作華
• 13期(明治34年(1901年)11月22日卒業、明治35年(1903年)6月23日任官、722名)
• 大将:中村孝太郎(陸相)
• 中将:建川美次・林桂・福田袈裟雄・三宅光治・堀丈夫
• 少将:櫻井忠温
• 大佐:小林順一郎
• 少佐:井田磐楠・一戸寛
• 中尉:乃木勝典(戦死)
• 14期(明治35年(1902年)11月22日卒業、明治36年(1903年)6月26日任官、702名)
• 大将:古荘幹郎・西尾寿造・山田乙三
• 中将:宇佐美興屋・山室宗武・中村濱作・香月清司・橋本虎之助・佐藤三郎・伊東政喜・児玉友雄
• 少将:安達十六・菅原良吉・横巻茂雄
• 大佐:小畑巌三郎
• 少佐:四条隆愛
• 大尉:有坂勉
• 中尉:大迫三次(戦死)・南部利祥(戦死)
• 15期(明治36年(1903年)11月30日卒業、明治37年(1904年)2月12日任官、708名)
• 皇族:陸軍少将竹田宮恒久王
• 大将:梅津美治郎・蓮沼蕃・多田駿
• 中将:今井清・谷寿夫・山岡重厚・永持源次・徳川好敏・山田健三・田代皖一郎・中島今朝吾・松浦淳六郎・川岸文三郎
• 少将:服部兵次郎・大濱石太郎・長谷部照俉・金応善(韓国留学生)
• 大佐:河本大作・宮脇長吉・古賀伝太郎(没後進級)
• 中尉:猪熊敬一郎・小笠原善平・乃木保典(戦死)
• 16期(明治37年(1904年)10月24日卒業、明治37年(1904年)11月1日任官、549名)
• 大将:岡村寧次・土肥原賢二・板垣征四郎(陸相)・安藤利吉
• 中将:磯谷廉介・小畑敏四郎・園部和一郎・永田鉄山(相沢中佐事件により昇任)・藤田進・牛島実常
• 少将:岡村元・森五六
• 少佐:小川武次・黒木親慶
• 17期(明治37年(1904年)入校、明治38年(1905年)3月30日卒業、明治38年(1905年)4月21日任官、363名)
• 大将:東条英機(陸相)・後宮淳・前田利為
• 中将:飯田貞固・篠塚義男・鈴木重康・岩松義雄
• 中佐:石割平造
• 18期(明治38年(1905年)11月25日卒業、明治39年(1906年)6月26日任官、920名)
• 大将:阿南惟幾(陸相)・山下奉文・岡部直三郎・藤江恵輔(昭和18年2月昇任)・山脇正隆
• 中将:安達十九・大島浩・久納誠一・酒井鎬次・佐々木到一・澤田茂・安井藤治・安岡正臣(法務死)・矢野機・井上政吉・小松原道太郎・安藤三郎
• 少将:井上三郎
• 大尉:木村三郎
• 中尉:山中峯太郎
• 19期(明治40年(1907年)5月31日卒業、明治40年(1907年)12月26日任官、1068名)
• 大将:今村均・田中静壱・河辺正三・喜多誠一・塚田攻
• 中将:熊谷敬一・小須田勝造・斎藤弥平太・本間雅晴(法務死)・藤井洋治(戦死)
• 20期(明治41年(1908年)5月27日卒業、明治41年(1908年)12月25日任官、276名)
• 皇族:陸軍大将朝香宮鳩彦王・陸軍大将東久邇宮稔彦王(陸相)・陸軍砲兵大佐北白川宮成久王
• 大将:下村定(陸相)・吉本貞一・木村兵太郎・牛島満(戦死による特進)
• 中将:橋本群・木下敏・酒井隆・飯田祥二郎・鷹森孝・井上貞衛
• 少将:竹村直臣(昇進即日待命)
• 21期(明治40年(1907年)入校、明治42年(1909年)5月27日卒業、明治42年(1909年)12月25日任官、418名)
• 大将:冨永信政
• 中将:石原莞爾・飯村穣・百武晴吉・安田武雄・黒田重徳・町尻量基・横山勇・樋口季一郎・菅原道大・上月良夫・渡辺正夫
• 少将:儀我誠也
• 大佐:安江仙江
• 中尉:斎藤元宏
• 留学生:蒋介石(中華民国軍特級上將)
• 22期(明治41年(1908年)入校、明治43年(1910年)5月28日卒業、明治43年12月26日任官、721名)
• 中将:鈴木率道・村上啓作・原田熊吉・寺倉正三・田辺盛武・北野憲造・中村明人・笠原幸雄・寺本熊市・鈴木貞一・豊島房太郎・田中久一・牟田口廉也・安達二十三・西村琢磨・瀬谷啓・小倉達次・本多政材・松井太久郎・松山祐三・両角業作・加藤泊治郎(戦病死)
• 中佐:相沢三郎
• 少佐:大山柏・空閑昇(自決)
• 留学生:何応欽(中華民国軍上将)
• 23期(明治42年(1909年)入校、明治44年(1911年)5月27日卒業、明治44年(1911年)12月26日任官、740名)
• 大将:小畑英良
• 中将:酒井直次・清水規矩・桜井省三・根本博・西原貫治・坂西一良・神田正種・板花義一・岡田資・佐伯文郎・永津佐比重・鈴木啓久・堀井富太郎・佐野忠義・志位正人・丸山政男・伊東武夫・水上源蔵(自決特進)
• 大佐:大島久忠・橋本欣五郎
• 中佐:江本茂夫
• 大尉:板倉孝(憲兵)
• 韓国留学生:中尉:金光瑞(金顕忠、金擎天)
• 24期(明治45年(1912年)5月28日卒業、大正元年(1912年)12月24日任官、734名)
• 大将:鈴木宗作(戦死)
• 中将:櫛淵鍹一・酒井康・柴山兼四郎・秋山徳三郎・河辺虎四郎・秦彦三郎・横山静雄・馬場正郎・斎藤義次・澄田ライ四郎
• 少将:岡明之助(戦死)・東海林俊成
• 少佐:飯沼守麿
• 大尉:甘粕正彦・大沢二郎
• 尉官:岸田國士
• 25期(大正2年(1913年)5月26日卒業、大正2年(1913年)12月25日任官、741名)
• 中将:武藤章・富永恭次・佐藤幸徳・須藤栄之助・三浦三郎・中村正雄(没後進級)・山内正文・横山武彦(没後進級)・石田乙五郎・田中新一・桜田 武(戦死)・山崎保代(没後進級)・那須弓雄(没後進級)・青木重誠(戦病死)・高品彪(戦死)
• 少将:横井忠道・上砂勝七
• 大佐:今村安・臼田寛三・小林吉二
• 中尉:松下芳男
• 26期(大正3年(1914年)5月28日卒業、大正3年(1914年)12月25日任官、742名)
陸軍大将を輩出した最後期
• 大将:栗林忠道(戦死)
• 中将:洪思翊・柳田元三・遠藤三郎・千田貞季・宮崎繁三郎・牧野四郎(戦死)・影佐禎昭・物部長鉾・安部孝一・林義秀・佐々木登
• 少将:井上靖・田中隆吉・長友次男・川口清健・住吉正・秋草俊
• 大佐:東八百蔵(戦死)・新井匡夫(特進)・大塚寅雄・李應俊(香山武俊・韓国軍中将)・劉升烈(江本烈・韓国軍少将)・安鐘寅(亀村貞信・韓国軍准将)
• 中佐:申泰英
• 大尉:内山雄二郎・金埈元(韓国軍准将)
• 満州国軍中佐:朴勝薫(韓国軍少将)
• 中尉:池大亨(韓国光復軍総司令官)
• 27期(大正4年(1915年)5月25日卒業、大正4年(1915年)12月25日任官、761名)
• 中将:村田孝夫・木下栄市・納見敏郎(憲兵・自決)・原乙未生・綾部橘樹・久野村桃代
• 少将:河嶋修
• 大佐:東宮鉄男(戦死)・星実敏(憲兵)・金錫源(金山錫源・韓国軍准将)・白洪錫(韓国軍少将)
• 中佐:金仁旭
• 中尉:張錫倫(韓国軍大佐)
• 少尉:荒木五郎
• 28期(大正5年(1916年)5月26日卒業、大正5年(1916年)12月26日任官、651名)
• 中将:白銀重二・森赳・長勇・中西良介・池田純久・塚田理喜智・近藤新八(法務死)・宮崎周一
• 少将:一木清直・後藤十郎(共に戦死による特進)・長谷川務
• 大佐:棚橋真作・芳賀豊次郎
• 中佐:井置栄一(公務死)
• 29期(大正6年(1917年)5月25日卒業、大正6年(1917年)12月25日任官、536名)
• 王族:陸軍中将李王垠
• 中将:有末精三・佐藤賢了・後藤光蔵・稲田正純
• 少将:四方諒二
• 大佐:安東貞雄・内山豪三郎・鳥飼恒男・長浜彰(憲兵、法務死)
• 中佐:今村久
• 30期(大正7年(1918年)5月27日卒業、大正7年(1918年)12月25日任官、632名)
• 中将:中川州男(2階級特進)
• 少将:伊藤鈴嗣・高嶋辰彦・小畑信良・山口槌夫・岩畔豪雄・鈴木敬司・今井武夫・桜井徳太郎
• 大佐:大石正幸(憲兵)・大迫勝・岡本孝行・戸根木亀之助
• 少佐:石川祥一・井上辰雄(戦死)
• 中尉:厳柱明(韓国軍准将)
• 31期(大正8年(1919年)5月28日卒業、大正8年(1919年)12月25日任官、489名)
• 中将:有末次
• 少将:小野寺信・片倉衷・小池龍二・真田穣一郎
• 大佐:大島卓・大谷敬二郎(憲兵)・垣内八洲夫
• 中佐:浅井敏夫(戦病死)
• 32期(大正9年(1920年)5月26日卒業、大正9年(1920年)12月26日任官、429名)
• 皇族:陸軍中将賀陽宮恒憲王
• 少将:天野正一・能登久
• 大佐:甘粕三郎・村岡安
• 33期(大正10年(1921年)7月27日卒業、大正10年(1921年)10月16日任官、437名)
• 皇族:山階宮芳麿王(後に臣籍降下し山階芳麿侯爵(陸軍砲兵中尉)となる)
• 大佐:今村方策・水谷一生
• 中佐:杉本五郎(戦死)
• 大尉:浅野節・百武俊吉・山口一太郎
• 少尉:西久保豊成
• 34期(大正11年(1922年)7月28日卒業、大正11年(1922年)10月25日任官、345名)
• 皇族:陸軍少将秩父宮雍仁親王
• 少将:池田末男(戦死)
• 大佐:赤松貞雄・石井秋穂・小尾哲三・清家武夫・武田功・服部卓四郎・松平定堯
• 中尉:西田税
• 中退:三好達治
• 35期(大正12年(1923年)7月21日卒業、大正12年(1923年)10月25日任官、315名)
• 皇族:久邇宮邦久王(後に臣籍降下し久邇邦久侯爵(陸軍歩兵大尉)となる)
• 大佐:天野勇(戦死)・荒尾興功・石川晋・井戸田勇・大坂順次・藤井貞寿・八原博通・美山要蔵
• 大尉:大岸頼好
• 36期(大正13年(1924年)7月18日卒業、大正13年(1924年)10月25日任官、330名)
実役停年通りに昇進する閑院宮春仁王が昭和20年6月に陸軍少将に昇進するが、その他の者で少将まで昇進した者は戦死による特進の場合のみ。
• 皇族:陸軍少将閑院宮春仁王
• 少将:島村矩康・伊藤盛逸・鈴木真雄・木村正治
• 大佐:大庭小二郎・志甫健吉・辻政信・西竹一(1階級特進)・西郷従吾・杉山茂・岡村愛一
• 大尉:野中四郎
[編集] 陸軍士官学校本科以降
• 37期(大正14年(1925年)7月25日卒業、大正14年(1925年)10月26日任官、302名)
• 中将:片山二良(2階級特進)
• 少将:加藤建夫(2階級特進)
• 大佐:井本熊男(陸将)・今岡豊・奥野一雄・親泊朝省・解良七郎・杉田一次・林三郎・村上正一・山縣有光
• 中佐:朝山小二郎
• 少佐:伊藤佐又
• 大尉:香田清貞・菅波三郎・村中孝次
• 38期(大正15年(1926年)7月16日卒業、大正15年(1926年)10月25日任官、340名)
• 少将:大曽根義彦(戦死)
• 大佐:松前未曽雄・大賀時雄・岡村誠之・西岡繁・神崎長
• 中佐:浦部彰(戦死)・釘宮清重・山本顕弌・了戒次男・若松満則
• 大尉:安藤輝三
• 中尉:磯部浅一(一等主計)
• 39期(昭和2年(1927年)7月19日卒業、昭和2年(1927年)10月25日任官292名)
• 大佐:不破博・堂薗勝二・高山信武・中原茂敏・中沢勝三郎・松田武
• 中佐:石川明・一戸公哉・井上清一・大橋武夫・釜井耕輝・辻本隼三・牧野靖雄・馬杉一雄・吉田正治(戦死)
• 留学生:黄瀛
• 40期(昭和3年(1928年)7月17日卒業、昭和3年(1928年)10月26日任官、225名)
• 大佐:黒田孝男(戦死)・橋田靖(戦死)
• 中佐:石川秀江・井上忠男・島谷武・吉満末盛・神笠武登・森丙・宮崎舜市
• 41期(昭和4年(1929年)7月17日卒業、昭和4年(1929年)10月25日任官、239名)
• 皇族:山階宮茂麿王(後に臣籍降下し葛城茂麿伯爵(陸軍中佐)となる)
• 大佐:近藤伝八(戦死)
• 中佐:板垣徹・越次一雄(戦死)・片岡太郎・神野敏夫・山口英治・加藤昌平・水町勝城
• 中尉:栗原安秀・中橋基明
• 42期(昭和5年(1930年)7月19日卒業、昭和5年(1930年)10月25日任官、218名)
• 皇公族:陸軍中佐竹田宮恒徳王・陸軍中佐李鍵公
• 大佐:金子昌雄(戦死)
• 中佐:浅井勇・稲葉正夫・小笠原清・尾関正爾・芝生英夫・竹下正彦・細川直知
• 43期(昭和6年(1931年)7月22日卒業、昭和6年(1931年)10月26日任官、227名)
• 皇族:陸軍砲兵少佐北白川宮永久王
• 大佐:石川泰知(戦死)
• 中佐:天野良英(陸将)・菊池光明・白井正辰・広瀬栄一・藤原岩市(陸将)・牟田弘國(空将)
• 中尉:新井勲(失官)・丹生誠忠
• 44期(昭和7年(1932年)7月11日卒業、昭和7年(1932年)10月25日任官、315名)
• 中佐:岩越紳六・浦茂・国武輝人・白石通教・瀬島龍三・橋詰勇・原四郎・神直道
• 少佐:宇木素道・三橋泰夫
• 45期(昭和8年(1933年)7月11日卒業、昭和8年(1933年)10月20日任官、337名)
• 皇公族:陸軍中佐朝香宮孚彦王・陸軍大佐李鍝公
• 中佐:朝枝繁春・井田正孝・榊原正次・島貫重節・椎崎二郎・李烱錫(若松勇作)・田中耕二(空将)
• 少佐:明石寛二
• 46期(昭和9年(1934年)6月卒業、338名)
• 中佐:堀栄三(陸将補)
• 少佐:飯尾祐幸・緒方景俊(空将)・片倉恕・野口省己・畑中健二
• 47期(昭和8年(1933年)4月入校、昭和10年(1935年)6月卒業、330名)
• 満州国元首の弟・醇親王継嗣:愛新覚羅溥傑
• 少佐:石原貞吉(公務死)・上妻正康・小林友一・山口立・塚本清
• 大尉:井川省(戦死)
• 48期(昭和11年(1936年)6月卒業、388名)
• 皇族:陸軍少佐三笠宮崇仁親王
• 少佐:成松長正・秋山登 (陸軍軍人)・今井義郎・衣笠駿雄・高橋正二・代永兵衛
• 大尉:岩田道孝(戦死)
• 少尉:後宮二郎(自決)
• 49期(昭和12年(1937年)6月卒業、471名)
• 皇族:陸軍少佐東久邇宮盛厚王
• 少佐:岩田清一・中村龍平・溝口昌弘・李鍾贊・蔡秉徳(大島秉徳)・野田毅(法務死)
[編集] 以降陸軍航空士官学校含
• 50期(陸士1937年12月卒業426名、航士1938年6月卒業54名)
• 大佐:西尾常三郎(航士、2階級特進、戦死)・新海希典(航士、2階級特進、戦死)
• 少佐:石川貫之(航士、空将)・朴範集(東林益範)・窪田兼三・曲寿郎・李龍文(山本健雄)・河内山譲(航士)・倉澤清忠(航士)
• フィリピン:ホセ・パシアノ・ラウレル(ラウレル大統領次男)
• 51期("1938年12月卒業461名、"1939年4月卒業)
• 少佐:荒木護夫・白川元春(航士、空将)
• 52期("1939年9月卒業508名、"1939年9月卒業)
• 少佐:井出洋(陸将)・大迫隆・古賀秀正・佐野幹雄・本城正八郎・水谷勝人・吉田穆(航士)
• 53期("1940年2月卒業1365名、1940年6月卒業)
• 少佐:赤松嘉次・飯村繁・杉山龍丸・橋本賢次・土生洋平・申應均(平山勝敏)・奥山道郎
• 大尉:三好秀男・岩本益臣(航士、戦死)
• 54期("1940年9月卒業1799名、1941年2月卒業)
• 皇族:東久邇宮彰常王(後に臣籍降下し粟田彰常侯爵(陸軍大尉)となる)
• 大尉:小川諭(陸将補)金貞烈(香川貞雄)・進藤浩康(航士、戦死)・高品武彦・藤井政美・村上稔夫・佐藤(戦後谷崎)好弘・北畠暢男・佐々木春隆(防衛大学校教官)
• 55期("1941年7月卒業1755名、"1942年3月卒業)
• 皇族:陸軍大尉賀陽宮邦寿王
• 中佐:笹川勉(航士、2階級特進、戦死)
• 大尉:上原重太郎・牛島茂・曽我邦夫(航士、戦死)・永野茂門・根木基夫(航士、戦死)・藤原彰・劉載興・金昌圭・生田惇(航士)・寺山欽造(航士)・太田武男・竹田五郎
• 中尉:古賀忠良(マニラ迎撃戦で戦死、任陸軍大尉)・園田芳己(戦死)
• 留学生:丁一権
• 56期("1942年12月卒業1672名、"1943年5月卒業)
• 少佐:阿部信弘(戦死)・崔貞根(高山昇・2階級特進、戦死)・広森達郎(航士、2階級特進、戦死)・水川禎輔(2階級特進、戦死)・田中秀志(2階級特進、戦死)・出丸一男(2階級特進、戦死)
• 大尉:牛島貞二・藤山二典(航士、1階級特進、戦死)・李亨根(松山武雄)・崔昌植(高山隆)・金鍾碩(日原正人)
• 中尉:阿南惟晟(戦死)・安藤浩(航士、戦死)・石川廣(航士、戦死)・遠藤栄(航士、戦死)・川島孝(戦死)・山本達夫(航士、戦死)
• 少尉:阿南惟敬
• 57期("1944年(昭和19年)4月卒業1268名、"1944年3月卒業)
• 大尉:桂正(2階級特進、戦死)・荒木春雄(2階級特進、戦死)・後藤光春(2階級特進、戦死)・金泳秀(金山泳秀・2階級特進、戦死)・猫橋芳朗(航士、2階級特進、戦死)
• 中尉:鈴木敏通・村上兵衛
• 少尉:天野三郎(航士、戦死)・柴田禎男(航士、戦死)・西村正英(航士、戦死)・藤井信(航士、戦死)・宮田淳作(航士、戦死)・森本秀郎(航士、戦死)
• 留学生:朴正煕(高木正雄)
• 58期("1945年(昭和20年)6月卒業1146名、"1945年3月卒業)
• 中尉:板垣正
• 少尉:青木誠一・村井澄夫・山本卓眞・丁來赫(玉岡聖賢)・朴元錫(徳田元教)・申尚澈(永田達明)・韓鏞顯(米原旭一)・崔福洙(佳山竜雄)・安光銖(亀村正経)
• 59期(終戦後に特別に卒業資格を付与、陸士1250名)
昭和18年4月1日に予科士官学校入校、昭和19年10月13日に予科士官学校卒業、同日に士官候補生を命ぜられ、昭和19年10月14日に士官学校入校、同日に兵長の階級を与えられ、昭和20年1月15日に伍長の階級に進み、昭和20年3月15日に軍曹の階級に進む。1961年に59・60期の同窓会「国史会」一部の者がクーデターを企画して破防法適用事件第1号となった(三無事件参照)。
• 軍曹:東條敏夫・梶山静六・張昌國・洪承華
• 60期(陸士1824名)
本科生徒たる兵長で士官学校閉校。
• 兵長:中条高徳・張志良(張本昇男)・李連洙・渡部敬太郎(陸将)・飯尾憲士
• 61期
• 皇族:東久邇宮俊彦王
• 森繁弘(自衛隊で最後の旧軍出身者。統合幕僚会議長たる空将)・呉一均

덧글

댓글 입력 영역